シャンデリア・アベニュー

たたかう毎日を楽しいとおもうための日記。

~20210111

■高級ホテルの朝ごはんビュッフェ

コンラッドの朝食ビュッフェ行ってきたのだけど、これはマジで「体験」というかショバ代()にお金払ってるな…と思った、いや全然おいしいんだけど、わたしは食べ物の中身より朝からビュッフェという贅沢をしているという体験が好きなのだなと改めて認識した回でした。それはそうとマジで美味しくて楽しかった。

ちなみに育ちのふるさと札幌はホテルバイキングがマジで最強コスパなので札幌に帰ったら下手に海鮮とか食べるよりバイキングに行きたい。美味しくて安いの本当にすごい。

 

■すぐけんかしちゃう

不機嫌で相手を思い通りにしようとするの最低だな!!!!!!と思うんだけどついやっちゃう。マジでよくない。だったら私は機嫌が悪いからかまえって直接言うべき。マジの反省。

 

 

~20220104

■写真を撮らない交際

彼氏といると、あまり写真を撮らない。せっかくだから交際の思い出をもっと記録に残しておくべきでは?という気持ちと、あまりに当たり前の日常すぎて、わざわざ撮るまでもない、という気持ちがあり、気づくと忘れている。

別に誰かに見せびらかしたいわけじゃないけれど、お互い自撮りも苦手なたちだけど、いまわたしたちが一緒にいてハッピーであることをもう少しあとから思い出せるように残しておきたいなとは思ったりする。

 

■じゃあ、実際の内容は

では交際において普段何をしているのかと言えば、だいたい家にいるのでそれは写真のとりようがない…ちょっとした贅沢と言ってもロイホとか鼎泰豐とかで、それ自体は大変わるくないことなのだが、写真を撮るような非日常かと言えばそうでもないもんな…

と書いてて思ったけど、非日常的な光景でなければ写真を撮ってはいけないなんてルールはどこにもないので、もう少し日常を記録することにも向き合ってみたい。

 

■永遠のなやみ、それは間取り

6月に同棲を開始できるよう、いろいろと構想(大仰な言い方だ)を練っているのだけれど、永遠に間取りに悩んでいる。1LDKだと狭さを感じる気がするけれど、2LDKにこだわるほど部屋が必要か?と思うし、選択肢をそこで狭める必要も感じない。実際1LDKで同棲をしている人はみんな狭いというけど、はて……という感じ。もう少しロジカルに突き詰めて考えていかなければ。

~20211203

■退職し、ニートし、入社しました。

これまでは業務の合間の死にたい感情が高まったときに頭を冷やすために書いていたようなものなので、死にたい感情がおさまり、退職し、ニートしている間に書きたいという気持ちが生まれなかった。

というより、自宅のPC(7年くらい前に買った)がまったく動かないので、社用PCを手放してからのニート期間、ほとんどスマホでしかインターネットにアクセスできなかったというところが大きい。

新しい会社は本物のホワイト企業なので誰も社用PCなど持ち帰っていない(たぶん)。PC、買わなきゃな~と思っているけれど、たぶん来年の冬のボーナスまではむずかしい気がしている。

 

■本当の意味での福利厚生と、今後

福利厚生という福利厚生がほとんどなかった1社目、誰も行きたかねえ研修や食事会を会社負担することを福利厚生と呼んではばからなかった2社目を経ての今、本物の福利厚生…とは…をまざまざと見せつけられており、心から感動している。

給茶機は無限にお茶もお水も白湯も飲み放題だし、備品はほぼすべて会社支給でまかなえる。業務で必要なものは経費で落とせるうえ、自社製品はほぼ自由に活用可。

つまり、会社で働くということにほとんどお金がかからない(社用携帯がないくらい。これはこれでほしいのだけど…)。

ここまでやるのか…その分利益に回せばいいのでは…という気持ちと、一方会社でかかるお金が極限まで抑えられるので、給与が爆上がりしなくても確かに生活には困らないありがたさがある。

いまが変革期ということなので、今後福利厚生が削れたりすることもありそうだけど、その分少しずつ新しい方向に変わっていく変化も楽しめると思う。

マジかよ…と思うことも当然あるし、ここでこの先どんなキャリアを描くのか、イメージできてないっちゃないんだけど、心安らかに生きられる環境ではありそうで、わるくないとおもっている。

 

 

■とはいえ。

このままだとマジでゆるゆると揺蕩うだけのOLに成り下がりそうなので、ライター・広報としてのキャリアステップについてはまじめに考え、少しずつ動いていきたい所存。

 

■気持ちを伝える大事さ

扱いがむずかしいポジションでの入社なので、上司は部長のみ、似たポジションで話ができるのは多拠点にいる事務さんだけという特殊さのなかで働いている、孤独さはあるけど気楽でもある。

面談もしてもらい、とても優しくされているけど、入社してからまだ一度も「どう?」を聞かれていないとふと気づいた。

説明を受け、報告を求められ、それに対するFBはあるけれど、私がどう思っているか、聞かれたことはない。逆を言えば、周囲の人がどんな気持ちでいるかを聞いたこともない。

気持ちの発露って、とても大事な行為なのだなあとおもったり、している。

 

 

~20211027

■もっと早く使えばよかった、電動歯ブラシ

誕生日にもらって早速使ってみたけど、歯磨きが終わった時点で歯の光沢が違う…フィリップスすごい…(ブランドの問題?)

小さい頃から歯磨きが苦手で、歯自体は丈夫だからあんまりちゃんとしなくても虫歯にならなくて、そのままいい年になっちゃったんだけど、最近友達が使っているのを見かけてずっと気になっていました。文明の利器、ありがて~~~~~

 

ただ、感覚過敏にとっては歯以外の口内に触れるとチリチリとくすぐったく、音も気になるので、それが将来的になんとかなる歯ブラシができたらいいなあとは思っています。

 

■かぼすのおいしい季節

久しぶりに奮発して会社のとなりの割烹でランチ。

カウンターで定食をいただけるのでとても乙で、のんびりと過ごしたいときにぴったりだなあと思っている。

かぼす御膳、なぜいま?とおもっていたけれど、かぼすは11月まで旬らしい。旬を感じるゆとり、持てる生活がしたいな。

 

■スピード感のちがい

どっかいきたいね~⇒いつ行く?をその場で決めること自体は全然ありだと思うのだけど、なんとなく話した「ちょっと近所のレストラン行きたいね~」「冬だし鍋したいね~」みたいなふんわりの願望まですべてスケジュールを切られるということが続き、ちょっとしんどくなって喧嘩になった。

誕生日プレゼントにしても、彼はわたしがほしいと言ったものを仕事中の休憩時間とかに買いに行こうとするので、「スケジュール空いたら買いに行けばいいや」のわたしとはスピード感がまったくちがう。ありがたい、ありがたいことなのはわかっているが、すこしつかれる。

 

 

~20211014

■現場に送り迎えするタイプの彼氏

舞台、一人で行くの?って訊かれて、そうだよ、って答えたら「送ってく」って言われて、舞台終わるまで待っててくれて、帰りも家まで送ってくれるタイプの彼氏、

友達といるときはちょっとな~って濁したら「そりゃそうでしょ、友達がいるときは行かないよ」って理解(わか)っているタイプの彼氏、

めちゃくちゃできすぎていてこわい、こまる。

どんどん好きになってしまって、依存してしまうのでは、的なこわさがある。

 

 

■推しの芝居がハマらない

別にもともと推しの芝居が好きなわけではないのだけど、彼の良さは陰で静でゆっくりと過ぎていくものだと思うので、ロイリーじゃなくねえ????????と、とても思っている。

根が陽キャじゃないから、余白の芝居が仕上がってないんだよな~~~~それは本人の実力不足と言われればそれはそうなんだけど、ちょっとキャスティングにも罪はある…と思う…

衣装もぶかぶかすぎて、全然説得力がないんだよな…ホーマーにせえとは言わんからせめてクエンティンにしない…?

脚本自体要素をていねいに抜いてコンパクトにまとまっていて悪くないと思うんだけど、たぶん、自担と甲斐くんの相性がマジでよろしくない…

 

 

■演出

バクマン、おもしろかったけど、演出!!!!!という感じの圧が強くて、あれバクマンのおたく的にOKなんだろうか。

あと、別に体に無理を押して書きあげた、という話、今の時代にそぐわなさすぎない?やってるほうはあれでどう思ってるの?という気持ちがすごいある。

~20211004

■ドライブ・マイ・カー

付き合っていない男性との初デートで見ていい映画かどうかは審議が必要…

いや別にいい大人なので特段気まずいってほど気まずくもありませんでしたけど、ちょっと焦りはした。

 

最後の最後のクライマックス、とても静かで、とても集中力がいるシーンで。

3時間もあったら、たいていの人は絶対トイレに行きたくなるものだと思うのだけど、そのタイミングでこのシーンを持ってくるの、めちゃ勇気いらん????となった

観客の尿意について作り手はどこまで考えているのだろうか、きになっている

 

 

■そのままで毎日を、心穏やかに過ごせること

好きな人と、付き合うことになった。

彼氏がいないということに強いコンプレックスを感じる割に、人と生活リズムを少しでも合わせるのがとにかく億劫で、付き合えば無理に相手に合わせて疲弊する…という非常に厄介な性格なので、自分でもどんな人なら上手くいくのか、あまりイメージが持てていなかった。

彼が、わたしのどんなところを好きなのか、未だによくわからない。でも、私は彼のことがとても好きで、なにより一緒にいて疲れない、自然にいられることに、すごく安心感を得ている。

 

彼は、自分の気持ちをストレートにぶつけてくれるので、それが心地よくて、でも少し眩しすぎる。そんなふうに真っ直ぐに素直になれない私に、いつか愛想をつかすのではないかという恐怖が、私の心に巣食っている

~20210917

■自分の過去の日記って

楽しいな!!!!!!!!読み返すと発見が多いので、やっぱりちゃんと書こう…と思いました

 

■転職先を決めました

2ヶ月の間に転職活動を実施し、いちおう次の仕事を決めてみました。

年末とか3月くらいまでかけてゆるゆるやっていったらいいな~と思っていたのですが、気になる求人があり、トントン…とはいかずとも上手く決まり、仕事内容と待遇のバランスから転職してみよう、とおもえた。

 

■おかえりモネ

2ヶ月の間でモネにハマりました。7月末の仙台遠征の前に予習をして、そこから、かな。最近ちゃんと見れてないので、ちゃんと見てまた魅力を言語化したいところ

 

■漫画

あんまり読むの得意じゃないんだけど、ゴールデンカムイとバナナフィッシュを読んでいます。ゴールデンカムイはまったく読み終わらない、30巻くらいで手打ちかな(おいつけなさすぎ)BF、後編いきたいな~~~これをみずえちゃんとくるむで見てみたい。